ACCESS EVENT
MESSAGE

学長 メッセージ

学長 メッセージ

所長・籔内佐斗司

ビューティ&ウェルネス専門職大学学長
室伏きみ子 Murofushi Kimiko

1970年 お茶の水女子大学理学部卒業(理学士)、72年お茶の水女子大学大学院理学研究科修士課程修了(理学修士)、76年東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(医学博士)。

1977年アメリカ、ニューヨーク市公衆衛生研究所 研究員を務め、1996年お茶の水女子大学理学部教授。理学部長、理事・副学長を経て2015年学長に就任。

その他、フランス、ルイ・パスツール大学(現:ストラスブール大学)客員教授、日本学術会議会員(第19期~22期)、ブリヂストン(株)社外取締役、国立研究開発法人日本医療研究開発機構監事、文部科学省・経済産業省・内閣府の各種審議会委員などを歴任。

2021年お茶の水女子大学学長を退任し、現在は、お茶の水女子大学名誉教授、ストラスブール大学名誉博士。

ビューティ&ウェルネスの未来
〜美と健康を科学する〜

美と健康に対する意識が近年多様化して参りました。その中で私たちは,人々が健康で幸せな生涯を送るために、ビューティとウェルネスという概念を学術として確立・発展させ、高度な専門職業人としての人材を育成することがとても大事であると考え、ビューティ&ウェルネス専門職大学の設立を目指して、様々な努力をして参りました。

ビューティ(美)とは、人の心の美しさや、自然の中に含まれる様々な対象の形態、色彩、香り、音など、その美しさに触れることによって、私たちの中に生まれる美への憧憬と豊かな感性の獲得を意味する概念だと考えています。さらに、皮膚科学・栄養学、薬学、香粧品学、エステティック・フィットネス等の多様な科学や技術を包含する領域と定義し、従来の芸術、美学、哲学などにおける思索・分析を超えて、人の精神生活や健康な心身のあり方を探究する領域であると考えています。そして、私たちはそのような概念や領域を発展させていくことを目指しています。

ウェルネス(健康)とは、積極的に「健康な状態を目指す行動」をとることによって、心身の健康を実現すると同時に,健康を維持・増進するためのライフスタイルを創出することをも含めた概念と定義しています。そして、私たちが心身ともに健康で幸せでいられることを目標として、この領域の発展に力を注いでいます。

さらに、従来の人材育成や学術的な取組みを基盤としたビューティとウェルネスの統合による「ビューティ&ウェルネス領域」における研究と技術開発を発展させ、新たな産業である「ビューティ&ウェルネス産業」の創生を目指します。

ビューティ&ウェルネス専門職大学では、心身の美と健康を追求することによって生み出される社会的な安定と幸福感を基盤として、健康で幸せな長寿を実現するためにはどうしたら良いかを考え、「ビューティ&ウェルネス」を学際的学問領域として確立します。そして、学生たちと共に教育・研究を深めて優れた人材を社会に送り出していきます。

「生活の質(QOL:Quality of Life)」の向上には、人々が心身共に健康で幸せな人生を送るための学際的学問分野の確立と教育が喫緊の課題であり、「美」と「健康」を従来の枠を超えて科学的に探究し、その成果を社会に還元することで、人々が元気で心豊かに暮らせる社会を作らなければなりません。そのためにビューティ&ウェルネス専門職大学の創設が計画されたのです。

新たに創生されるビューティ&ウェルネス産業は、これからの社会にとってなくてはならないものになっていきます。ビューティ&ウェルネス専門職大学で学んだ方々が、日本だけでなく世界にも進出して、素晴らしい社会を創っていくことができると信じています。

SNS

  • instagram
  • twitter
  • facebook
  • line