ACCESS EVENT

COURSE

学部・学科案内

専門学校とも大学とも異なる4年制のプログラム

どのような
学びがあるのか?

「理論- 演習- 実践- 統合」のプロセスで、学年があがるにつれて段階的に着実に習得できるようにカリキュラムを編成。高度な実践力を身につけます。

基礎科目

POINT

  • 人間性及び職業倫理を身につける

専門性が求められる職業を担うための実践的な能力及び当該職業の分野において創造的な役割を担う姿勢や豊かな人間性及び職業倫理を学ぶカリキュラムを予定しています。

キャリアデザイン/自己の探求/心理学/対人関係演習/比較文化論/総合美術論/伝統文化演習/生物学/統計学入門/経済学/国際関係論等


*カリキュラム名称は予定であり、変更になる可能性がございます。

職業専門科目

POINT

  • 現代社会のビューティ&ウェルネス分野の状況と、それを具体化する知識と技術を身につける。

専攻に係る職業において必要とされる理論的かつ実践的な能力および当該職業の分野全般にわたり必要な能力を育成するための授業科目。本学では、心身の美を追求するカリキュラムを予定。エステティックに必要な医学的知識や公衆衛生を中心的に学修する基礎医学とヘルスプロモーション領域を学ぶ。ビューティ&ウェルネス分野の理論と技術を学ぶカリキュラムを予定。

解剖学/生理学/皮膚科学/香粧品学/健康食品学/衛生学・公衆衛生学/運動学/フィットネス実習/セラピー基礎理論/アロマセラピー演習/美容瘦身実習/温泉学/基礎メイクアップ/基礎ネイルデザイン/ファッションコーディネート実習…等

*カリキュラム名称は予定であり、変更になる可能性がございます。

展開科目

POINT

  • ビューティ&ウェルネス分野の専門職業人としての能力を活かし、その職域を広げるための応用力を養う。

美容・健康関連施設の経営やマネジメントを学ぶための経営学の基礎領域を身につける学びや、当該職業の分野において創造的な役割を果たすために必要な能力を育成するためのカリキュラムを予定。

展開科目では新たな価値を創造していきます。

経営学概論/ファイナンスの基礎/経営組織論/マーケティング論/経営戦略論/消費者生活諭/スパツーリズム諭/効果確認実習/地域産業活性諭/起業諭…等


*カリキュラム名称は予定であり、変更になる可能性がございます。

総合科目

POINT

  • ビューティ&ウェルネス分野の知識技能を統合したゼミナール形式の学習、研究を通じて、職業における創造性を養います。

授業で学んだ知識及び技能等を組み合わせ、実践的かつ応用的な能力を総合的に高めるための授業科目です。専門職大学の趣旨に鑑み、双方向の少人数教育を重視し、ディスカッションに加えて、ケーススタディ、ワークショップ等での形式での授業を予定しています。

スパセラピスト総合演習(実務家教員によるゼミナール形式)/スパウエルネス概論研究

新たなビジネスの
創造

多彩な領域を横断的に学ぶことで新しいビジネスの創造に関わる人材を育てます

図:ビューティウェルネス説明
FEATURES 01|

ビューティ×ウェルネス×地方創生

01

地方には、その地方にしかない資産(素材などの原料や将来性のある仕事、人的・物的な資源)が多々ありますが、残念ながら多くの地域でそれを生かし切れていないのが現状です。

コミュニケーションという切り口で、地域の現状や課題について様々な事例を挙げて検証しながら、どのようなコミュニケーションが形成されれば、地域産業が活性化するのか、そのためには何が必要なのかを学びます。

そして、そこにビューティとウェルネスを絡めた際の相乗効果の可能性を見つけ出せる力を学べます。

02
FEATURES 02|

ビューティ×ウェルネス×商品企画

商品企画の一端として、機能性健康食品やサプリメントの企画から開発までに必要なプロセスや知識を身につけます。

機能性の高い栄養食品の開発に必要な医学的、栄養学的な知識から、該当する法律の知識、目的とする健康問題の統計、体調の不調(血圧がやや高い、抑うつ傾向、老化、認知機能の低下、周産期の問題など)に対する解決策など、ビジネス上想定される事例を提示しながら、どの様なプロセスで製品を企画、開発、プロモーションしているのかについて学びます。

03
FEATURES 03|

ビューティ×ウェルネス×スパツーリズム

ウェルネスツーリズムは「次世代ヘルスケア産業」における成長分野の一つとしての期待が寄せられています。

ウェルネスツーリズムの提供の場は「スパ施設」が中心であることからスパツーリズムとも呼ばれています。

海外事例をもとにしたウェルネスツーリズムの概念、現代に至る歴史的経緯、国内外の最新動向、対象とする領域の整理(医療型、健康増進、レジャーレクリエーション型)など基本知識の修得とともに、健康科学からの視点、行動変容を促す新しいヘルスプロモーションとしての可能性、ヘルスケア産業としての視点を提示し、国の政策動向も含めて医療費抑制、新産業、雇用創出、そして地方創生に繋がる日本型ウェルネスツーリズムを学びます。

SNS

  • instagram
  • twitter
  • facebook
  • line