ACCESS EVENT
人間が美しく健康に生きるための学問を学ぶ

お知らせ/入試情報

設置認可申請中のため、設置計画は予定であり、内容に変更がある場合がございます。
入試につきましても概要としてのご案内のみをさせていただいております。

横にスクロール→

入試区分 募集人員
定員234人
実施時期 試験科目 出願書類
総合型選抜 100人 10月中旬~
(6回を予定)
・プレゼンテーション、グループディスカッションの
 いずれかを選択
・面接
・志望理由書
・活動報告書
・調査書
学校推薦型選抜
<指定校推薦>
100人 11月中旬~
(2回を予定)
・口頭試問
・面接
・学校長の推薦書
・志望理由書
・調査書
学校推薦型選抜
<公募制推薦>
一般選抜 34人 2月~3月
(2回を予定)
・学科試験
 国語(国語総合/古文漢文は除く)
 外国語(コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ)
 数学(数学Ⅰ)
・面接
※大学入学共通テスト利用選抜は行いません
・志望理由書
・調査書

*「入試概要」をご希望の方は本学の資料請求ページからお申込み下さい。
本学の資料(リーフレット)と一緒に入試概要をご郵送させていただきます。

本学の特長

人生に豊かさや
幸福をもたらす
ビューティ&
ウエルネスの可能性

養成する人物像

科学的で高品質なビューティ&ウェルネスサービスを学び、現代社会における多様な「心身の美と健康」を実現することによって、「QOL向上」に資するための仕組みを社会に実装することができる人材であるとともに、「ビューティ&ウェルネス産業」の経営管理・マネジメントを担い、さらには、新しい価値を創造することができる将来の指導者として、先導的な役割を果たすことが期待される人材。

ディプロマ・ポリシー
(卒業認定・学位授与の方針)

  • 1. ビューティ&ウェルネス分野という新しい専門領域を切り拓く意思を持ち、専門職業人として
    相応しい教養や職業倫理観を備えている。
  • 2. 現代社会における多様な価値観を理解し、ビューティ&ウェルネスサービス利用者と
    信頼関係を築くためのコミュニケーション能力とホスピタリティ能力を身につけている。
  • 3. 修得した基礎的な医学知識をもって、個人の健康維持・増進に寄与する
    ヘルスプロモーション活動を推進することができる。
  • 4. 個人それぞれの価値観やニーズに合わせて、ビューティ&ウェルネスサービスを提供するための
    知識および技術を身につけている。
  • 5. 経営・マネジメントの素養を身につけ、ビューティ&ウェルネス産業界が抱える課題を発見し、
    解決に向けて具体的な提案をすることができる。

ビューティ&ウェルネス
専門職大学の学び

[仮称:設置認可申請中]

図:高度な専門性を備えた新しい人材

保健衛生、医学・自然科学など、学問的な知識を生かせるよう幅広い分野を横断的に学ぶ
肌や全身の状態、食と運動、化粧品の成分、心の状態、色彩心理など、科学的な判断ができるための知識を身につけ、実際の仕事の場面で活かせるようになることを目指します。また直接人の肌に触れ、施術を行なう際の健康被害のリスクをゼロに近づけるため、効果を正しく評価するためのデータサイエンスの技法も学びます。ビューティ&ウェルネスの分野でより高品質なサービスを提供できるセラピストや業界にイノベーションを起こす人材を育てます。

顧客の魅力を発見し、最大限引き出すプログラムの提案を行い、「ウェルネス」に導くことで、より高い満足を提供できるように
以前の美容は若くみせることが重視されましたが、現代ではそれぞれの年代に応じた自然な美しさを大切にするようになっています。そのため、パターン化したサービスではなく、一人ひとりに異なる目標を設定し、結果に対して満足いただけるプログラムを提供する必要があります。 その人の職業や社会との関わり、生活様式、美的感覚や時代的な嗜好を理解することが不可欠です。美術や音楽、身体表現などを体験できるカリキュラムで人間的要素も高めていきます。

日本のおもてなしの心を大切に、マネジメント力を身につけ、社会での実践的な力を高める
ホスピタリティのマインドやコミュニケーション力など、学年が上がるにつれて社会での実践力を段階的に着実に修得できるようカリキュラムを編成しています。将来的に組織のマネージャーや経営者として、ビューティ&ウェルネス産業のビジネスモデル創造にかかわる経営理論も学びます。起業マインド、経営、管理能力、人材マネジメント力などを身につけた卒業生から、企画・開発者、管理職、コンサルタントなど、業界のリーダーが生まれることを期待しています。

現場に即した授業や実習が豊富、企業経営者とのディスカッションも予定
専門職大学では企業や施設での臨地実務実習の時間数が4年間で20単位(600時間)と長時間にわたり、専門的かつ、応用的実践力を身につけることができます。実務家教員による授業では実際の現場を意識した学びを得ることができ、ビューティ&ウェルネス産業にかかわる企業経営者の方とのディスカッションなども設ける予定になっています。

専門職大学とは

専門職大学
それは新しい制度・
新しい選択肢

専門職大学とは、各業界でのリーダーになれる人を育成するため実践的な職業教育を行う学校です。

大学の学びに加え、
専門職に必要な理論とスキルを身につける

55年ぶりに国がつくる新しい大学制度!

大学・短期大学と専門学校のいいとこどり 専門職大学

専門職大学は専門性が求められる就職に就くための、実践的かつ応用的な教育を行う大学。
産業界と連携したカリキュラム、実践力の裏付けとなる理論を修得する教育が特長です。

これからの時代に専門職大学である必要性

本来、身体に触れるトリートメントなどは、専門学校と大学の両方の学びが必要な領域です。
一般的な美容系専門学校の2年間は技術修得が主となり、店舗管理やマネジメントなどの教育を行うには時間が足りません。
一方、学術研究の発展を担う大学は、実践的な実習で実技を身につけるには適しません。消費者から信頼され、業界が求める人材を育成するために、 4年間で必要な課程を学べる専門職大学が求められているのです。

学部・学科案内

〈人間力×実践力×創造力〉を高める
専門職大学ならではの学び

ビューティ&ウェルネスの専門知識とサービスを体系的に学ぶ「講義」と
実践を通して理論を理解し、効果的な施術方法を修得する「演習・実習」。
この2つの考え方に基づいて授業が行われます。

1~2年次は基礎知識と技術を中心に、2~4年次では経営やリーダーシップ、マネジメントなども学びます。
多くの科目で双方向の少人数教育を取り入れ、ディスカッションや ケース・スタディ、ワークショップなどを通して、人間力×実践力×創造力を身につけます。 体系的かつ実践的な理解に基づき、社会に出たときに必要とされる的確な判断と柔軟な思考を修得できるような学習機会を提供します。

これまでの大学制度にはない
これからの人材を育成する
実践教育

600時間以上の実践的かつ応用的な産業界と連携した学外実習カリキュラム。就職したのちに必要な専門的かつ応用的実践力を身につけ、早くから活躍することができます。

理論と実践の両面から
段階的に実力を高めていく
4つの科目群

基礎科目

生涯にわたり自らの資質を向上させて社会的および職業的自立に必要な能力を身につける

  • ・職業的自立を促すためのキャリア教育領域
  • ・コミュニケーションを円滑にする言語とコミュニケーションに関する領域
  • ・多種多様な価値観や考え方を理解する人間と文化に関する領域
  • ・職業専門科目、展開科目、総合科目を学ぶために必要な自然科学と社会科学の領域

職業専門科目

ビューティ&ウェルネスサービス施設での具体的なサービスに関する専門技能や医学的知識を修得する

<基礎医学とヘルスプロモーション>
基礎的な医学や公衆衛生の学びを基盤として、個人の健康状態を科学的に分析し、健康の維持や増進をサポートできる能力を育成する領域

<心身の美の追求>
身体・肌のトリートメント、メイク、ネイルを中心とした専門知識と技術、及び接客の知識と技術を身につける領域

展開科目

ビューティ&ウェルネス産業で新たなサービスを生み出す能力を養成する

  • ・ビューティ&ウェルネスサービス施設の経営やマネジメントに必要な基本的知識を修得する、経営学の基礎を学修する領域
  • ・ビューティ&ウェルネス産業をウェルネス産業の重要な構成分野と位置付けて、創造的な役割を担うための知識を身につけ、ビューティ&ウェルネス産業の振興を目指す領域

総合科目

修得した知識や技能を総合して応用能力を向上させる

学生の問題意識に応じられるよう演習(ゼミナール)形式により教員が指導。学生が自らの問題意識に基づいて探究活動や研究を行うことを通じて、修得してきた知識と技術の体系化を図り、職業活動において創造性を発揮できるようにする。

4年間のカリキュラムは
こちら

※変更になる可能性があります。

専門職大学ならではの学び
「臨地実務実習」とは

これまでの大学では、現場実習についての規定はありませんでした。インターンシップを単位認定している大学も多くなってきていますが、教育実習や医療系大学の資格取得のための臨床実習を除けば、企業実習は必須とはなっていません。
これに対して専門職大学では、20単位(600時間)の「臨地実務実習」の実施が必須となっています。学内での理論教育に加えて、実際の現場の知識と技術を身につける、実践的職業教育を行うことができるのが専門職大学の大きな特徴となっています。カリキュラムで核となる授業科目の一つといってよいでしょう。

広がる卒業後の進路

今後、ヘルスケア産業の発展を担うものとして期待されている美(ビューティ)と健康(ウェルネス)サービス業において、技術者としての採用だけでなく、将来的に新たなサービス、雇用を創出できる企画、開発職や、起業家、教育従事者、経営者なども目指せます。

- 主な就職先 -

エステティックサロン、スパ、化粧品会社、ネイルサロン、スポーツジム、美容室、フィットネスクラブ ほか
その他、美容・健康・リラクゼーション業界全般

図:ビューティウェルネス説明

卒業時にめざせる学位・資格

ビューティ&ウェルネス学士(専門職)
〈英語名:Bachelor of Science in Beauty & Wellness〉

目指せる資格例

エステティックに関する資格

  • ビューティセラピスト*
    特定非営利活動法人 日本スパ・ウエルネス協会
  • ジュニアビューティシャン
    IPSN(国際職業人標準機構)

*特定非営利活動法人 日本エステティック機構が認証する上級試験

健康に関する資格

  • 健康運動実践指導者
    公益財団法人 健康・体力づくり事業財団
  • ダイエットアドバイザー
    特定非営利活動法人 日本スパ・ウエルネス協会

マナーに関する資格

  • サービスマナー検定
    特定非営利活動法人 日本スパ・ウエルネス協会

メイクに関する資格

  • ビューティアドバイザー
    特定非営利活動法人 日本スパ・ウエルネス協会

ネイルに関する資格

  • ネイリスト技能検定
    特定非営利活動法人 日本ネイリスト協会

※設置認可申請中のため、設置計画は予定であり、内容に変更がある場合がございます。

学費

年間
入学金 200,000円
授業料 895,000円
施設費 350,000円
教育充実費 150,000円
合計 1,595,000円

【年間】1,395,000円×4年+【入学金】200,000円 合計5,780,000円

※別途、諸経費がかかります。

※設置認可申請中のため、設置計画は予定であり、内容に変更がある場合がございます。

個別相談会 説明会

アクセス

図:学校外観

横浜キャンパス

〒224-0012 神奈川県横浜市都筑区牛久保3-9-3(開設予定地)

アクセス

  • 東急田園都市線「たまプラーザ駅」下車、「たまプラーザ駅南口」より東急バス(センター北駅行、センター南駅行、すみれが丘行)乗車6分、「研究所前」下車徒歩5分
  • 横浜市営地下鉄「センター北駅」下車、「センター北駅出口3」より東急バス(たまプラーザ駅南口行)乗車18分、「研究所前」下車徒歩5分
  • 横浜市営地下鉄「中川駅」より徒歩14分
  • 東急田園都市線「鷺沼駅」より徒歩17分

電車・バスをご利用の場合

図:バス停やキャンパス付近の地図

お問い合わせ

学校法人ミスパリ学園 ビューティ&ウェルネス専門職大学 設置準備室

〒224-0012 神奈川県横浜市都筑区牛久保3-9-3
Tel:045-530-9119(代表)
FreeDial:0120-732-151
Fax:045-530-9120
Email:info@miss-paris.ac.jp

SNS

  • instagram
  • twitter
  • facebook
  • line