キャンパスBlog

現在表示しているページの位置

2014.09.21先生レポ

授業潜入!


こんにちは!
マスター学科の茶道の授業風景をアップします(^O^)


茶道の授業のときには畳の上でお点前を学んでいきます!
まずは礼からはじまります。


そして、お点前をする際、袱紗(ふくさ)という布を使います。
袱紗は扱い方が難しいので、
先生の見本を見ながら手を動かし出来るようになっていきます。



器の拭き方もあり細かく教えてもらいます!




そして、実際にお茶を点て・・・



お茶菓子と一緒にいただきます♪ ♬ ヾ(´︶`♡)ノ ♬ ♪




茶道の授業を通して和敬清寂を大切にし日本の和の心、おもてなしを学びます!

和敬清寂(わけいせいじゃく)とは・・・
亭主が差し出すお茶は、何事にもかえがたくありがたいもので、
そのお茶を清らかな精神で頂けば真の心の交流を味わうことができるという言葉です。

一文字ずつ意味があり
「和」・・・人との和を大切にする
「敬」・・・互いに敬う気持ち
「清」・・・見た目も心の中も清らかに
「寂」・・・どんな時にも動じない心

この言葉と意味をお茶を頂くとき、お点前をするときに
ぜひ思い出してほしいですね(๑^︶^๑)・.。:*・♬*
そして、お客様へのおもてなしにつなげてください(*´╰╯`๓)♬



  • 一覧へ戻る

PAGE TOP