資格・就職 職業実践専門課程

職業実践専門課程とは?

ミスパリは職業に直結した実践的な教育を行い、その結果を公開しています。

平成26年4月から文部科学大臣認定の「職業実践専門課程」がスタートしました。ミスパリは職業に直結した実践的な教育を行い、その成果を公開しています企業並びに業界と密接に連携して、最新の実務・技術や技能を身につけられるような、実践的な職業教育に取り組む学校・学科を文部科学大臣が「職業実践専門課程」として認定するものです。

「職業実践専門課程」の概要

目的
専門課程のうち、企業その他関係機関との連携の下、職業に必要な実践かつ専門的な能力を育成するものを「職業実践専門課程」として文部科学大臣が認定することにより、専門課程における職業教育の水準の維持向上を図ることを目的とします。
認定に必要な条件
  • 1.修業年限が2年以上である。
  • 2.過程の終了に必要な授業時間数が1,700単位時間以上である。
  • 3.企業等が参画する「教育課程編成委員会」を設置してカリキュラムを編成している。
  • 4.企業等と連携して、実技・実習等の授業を実施している。
  • 5.企業等と連携して、最新の実務や指導力を習得するための教員研修を実施している。
  • 6.企業等が参画して、学校教育法に定める学校評価を実施している。
  • 7.学校カリキュラムや学校評価等についてホームページ情報提供している。

体制とフローと認定状況

ミスパリ学園の体制

学校・自己評価委員会
教育内容、進級・卒業・転職など
多岐にわたる自己評価を行う。
教育課程編成委員会
企業・業界団体の意見を生かし、
より実践的なカリキュラムの編成、
教育課程の改善を行う。
学校関係者評価委員会
自己評価の結果に対する客観的な
分析を行い、学校運営の改善と
発展を目指す。

認定状況

認定済み学科
トータルビューティ学科(全校)
美容学科(東京校・大宮校)